モテ女子と非モテ女子の違いは外見ではない!

今日は、男性との会話の中で「彼女といたら楽しいな」「また会いたい」と思ってもらえるような会話術をお伝えしたいと思います。女性同時の会話だと感情的な方向に話が進みがちですよね。私もついつい女友達とは延々と他愛もない話で終わってしまうことが良くあるのですが、相手(彼)の話の中の出来事をきいたら、そこで「おしまい」にしないように注意しましょう。きいた出来事に対してしっかり承認し、男性の「きいて欲しい」「認めてもらいたい」という要望を満たしてあげることが大事なのです。

彼そのものを認める(承認)3つのポイント

f:id:hyggepartner:20211201104516j:plain
  1. 優秀性
    他の人よりも優れていること、ナンバーワンであること。主に学歴や肩書、仕事、スキル、人脈に対して使えるので、例えばこんな感じで使ってみてはいかがでしょうか?
    「○○さんって、仕事も超ハードなのに、ちゃんとジムで身体も鍛えててすごいな~尊敬しちゃう~‼」ここで私はズボラだから出来ないなど自分を下げないこと。
  2. 特異性
    変っていること、オンリーワンであること。主に考え方や、性格、趣味に対して使えます。例えばこんな感じで使ってみてはいかがでしょうか?
    「○○さん、前向きで悩む時間すら、もったいないってプロフィールに書いてありましたが、そんなポジティブ思考な方ってなかなかいないですよね~見習わなきゃ~」
    「○○さん、ソロキャンプするんですね!え?コーヒーも豆から持っていて挽くんですか?そこまでこだわっているってスゴイ!楽しそう~私も大自然の中で飲んでみたいな~」そんなことを言ってもらえたら、男性は嬉しくて「そうなのかなぁ~」ってなって嬉しくて、この子となら一緒にいたら楽しそうって思えます。
  3. 存在性
    存在性とは相手の持つインパクトや強さのことです。体格、忍耐力、決断力のほか「言い訳をしない」とか「器の大きさ」とか「真面目」といった性格にも使えます。例えばこんな感じで使ってみましょう。「○○さん、メニュー決めるの早いですね!決断力あるなぁ~憧れちゃう」「○○さん今のお仕事って、20年以上続けていらっしゃるのですが、真面目に続けられててすごいですね~」

f:id:hyggepartner:20211201104932j:plain
こんな感じで「承認」をマスターして、会話の間に滑り込ませるようにしましょう。自分らしくないとか、なんかこそばゆいとか、気になっていない男性に使いたくないとか批判的な意見もあるかと思いますが、いざ「本命」の人が現れたときに自然に言葉に出てくるというのが大事です。あざと可愛いという言葉があるように、男性を意識した会話をマスターすることで、成功率は高まります。緊張しない相手にどんどん使っていき、会話に慣れていきましょう。

私も夫や子供にも「承認」を使っています。
夫なら「えへへ(*'▽')」という顔になっていますし、子供たちは自信の笑みを浮かべています。会話を聞いた後に「すごいね」というだけではだめです。ちゃんと話を聞いた内容の文脈に合わせて○○なところすごいね!という風に会話をマスターしていきましょう。ぜひ家族や友人から実践してみてくださいね。


横浜・湘南の結婚相談所ならヒュッゲパートナー

敷居が低く気軽に始められる、アットホームな結婚相談所です。
ご説明や、無料相談はお気軽にお問い合わせください。

婚活戦略セミナー開催中(60分無料)

LINE登録で婚活に役立つ情報を配信しています!

投稿者プロフィール

石田悠希子
石田悠希子代表カウンセラー
元美容師の婚活カウンセラー
日本結婚相談所連盟(一部上場企業IBJ正規加盟店)会員数&成婚数NO1
横浜・湘南エリアを中心にオンラインで首都圏の婚活をサポート
「ご縁がある皆様を笑顔にする」この理念を元に運営しています。
九州出身、2児の母、旅行、海好き、A型